メニュー

フラクショナルレーザー

炭酸ガスフラクショナルレーザー治療について

瘢痕(きずあと)やニキビ痕が治療の適応になります。

皮膚を面状に蒸散及び剥離するのではなく、極めて小さなスポットサイズで、炭酸ガスレーザーを皮膚へ剣山状に照射し、微細な穴を開けていきます。皮膚に微細な損傷を起こすと、 そこから創傷治癒反応(きずを治す反応で、血管新生や種々のサイトカインの放出、コラーゲン造成が起こります。)が起こり、皮膚の再生が促進されます。

その生体反応を利用した、瘢痕(きずあと)及びニキビ痕治療です。

照射部位の周辺には健常組織が橋渡し状態で残っています。これによって、傷の治りも非常に早くなり、副作用(赤みや瘢痕化等)のリスクも大幅に軽減し、安全で効果的な炭酸ガスフラクショナルレーザー治療が可能となります。

瘢痕、ニキビ痕治療

瘢痕、ニキビ痕については、症状に応じて、照射方法及び照射密度、出力を選択致します。

治療間隔は4~6カ月毎、治療回数は3~5回程度、要する事が大半です。

 

治療の流れ

1.洗顔後、麻酔クリームを30分程度塗布します。
2.レーザー照射・・・照射時間は、10~40分位です。

 (範囲により変動)

3. 氷ガーゼにて冷却、沈静

 (90分程度、ひりひりした熱感が残ります)

4. 当日は、ステロイド軟膏を塗布し、創傷被覆材(ガーゼ)を貼って帰宅。

5. 翌日からガーゼを外し、洗顔・メイク可能。

6. 術後5~7日で瘡蓋が剥がれ落ちます。

副作用について

炭酸ガスレーザーによるフラクショナルレーザー治療は、他のフラクショナルレーザー治療(非蒸散型・凝固のみ)と比べ 、1回の治療効果を期待できますが、術後の色素沈着の発生率は、若干高くなります。

通常、遮光(日焼け止め)と美白剤の外用にて3~6カ月程度で消退します。

(※色素沈着の起こる確率、程度には非常に個人差があります)

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME