メニュー

陥入爪(かんにゅうそう)巻爪(まきづめ)

陥入爪とは、爪が皮膚に刺さって、炎症、感染などを起こしている状態を言います。主に足の親指が罹患しやすいです。足の形や、歩き方、靴の選択など種々の要因で爪の両側が皮膚に入り込むことで、炎症、感染を起こします。ただ程度にもよりますが、爪が変形するだけでは炎症、感染を起こすことはありません。その要因としてあげられるのが、深爪です。爪の両端を短くすることで、皮膚に刺さる状態が生まれます。爪が伸びると、さらに皮膚に刺さり、特に足は日常的に負荷のかかる部位なので、炎症、感染を引き起こし、強い痛みのため、歩行が困難になることもあります。

巻爪はその名の通り、形態的に爪が横方向に湾曲した状態をいい、炎症、感染は普通ありません。爪の変形には、前述の通りに種々の要因が挙げれれますが、巻爪の場合、指の骨の変形(突出)を認めることが多いです。極度に湾曲が強いと、痛みを生じます。

陥入爪の治療

爪を伸ばすことで、皮膚の刺さりがなくなり、症状は改善します。ただあしの指の爪はなかなか伸びないので、その間痛みに耐えなくてはいけなかったり、炎症が長く起きることで、赤い塊の肉芽種(にくげしゅ)が形成されます。炎症を止めるためには、刺さっている部分の抜爪を行うことで解消されますが、再度爪が伸びてくると皮膚に刺さる状態になり、再び同様な症状を繰り返します。そのために、爪の生える場所である爪母を切除をすることが根治的手術治療になります。手術による問題点は、再発や爪幅が狭くなることが挙げられます。

巻爪の治療

形態的な問題を別にして、痛みがなければ経過観察で十分です。痛みがあれば形状記憶合金による治療が手軽に痛みを取ることが可能です。ただ、装着中しか効果がないことが問題です。手術治療は、可能な限り爪を残した状態で、爪の下の皮膚を剥がし、爪下の骨を平らにして爪が巻かないように平坦にする手術治療が行われています。手術による問題点は、再発や爪が綺麗に生えないことが挙げられます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME