メニュー

粉瘤の摘出法

粉瘤とは

皮膚表面から半球状に隆起する皮下腫瘤で、何らかの原因で皮膚の一部が埋入することで起こります。よく見るとその頂上付近に開口部である黒い点状のものを有することが多いです。内容物は垢のため、匂いを発したり、袋が破れて炎症を起こすことで急激に腫れ上がり、激しい痛みを生じることがあります。粉瘤の治療は摘出になります。

くり抜き法

粉瘤は表皮成分からできた袋状の腫瘤です。皮膚に小さい穴を開け、内容物である垢を絞り出します。そうすることで、袋が萎んだ状態になるため、小さい穴から摘出することができます。小さい穴のため、きずあとも目立ちにくいです。一方、袋が破れた状態である炎症を起こしている場合は、袋がバラバラになっていることが多く、くり抜き法では取り残しによる再発を認めることがあるため、その適応は慎重に選択する必要があります。再発、炎症を繰り返してきた場合は単純な丸い腫瘤ではないこともあります。また、大きく育って巨大な腫瘤になってしまった場合も周囲との解剖学的位置関係をしっかり確認して切除しなければ、神経損傷などを起こす恐れもあります。その様な場合は、傷は若干大きくなりますが、ある程度しっかりと袋を確認して摘出するほうが安全で、再発のない手術が期待できます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME