メニュー

じんましん


じんましんは、急性皮膚病のひとつとされ、血管浮腫(クインケ浮腫)と呼ばれる疾患の一種です。

皮膚に痒みを伴う盛り上がりを生じます。そのほとんどが数時間〜1、2日で治まりますが発作的に同じ発疹が起こります。治療は抗ヒスタミン薬の飲み薬を使用します。

原因

急性蕁麻疹

たまたま一度だけ現れるか、繰り返して起きても1ヶ月以内に起こらなくなるじんましんを急性蕁麻疹と言います。なんらかの刺激による物理性蕁麻疹や、特定の食物(魚介類など)の摂取によるアレルギーが原因で起こるアレルギー性蕁麻疹があります。また、薬剤で生じることもあります。

慢性蕁麻疹

じんましんが1ヶ月以上続くものを、慢性蕁麻疹と呼びます。そのほとんどの原因はよくわかっていません。内臓疾患が原因になることも少ないようです。全体の8割前後はアレルギー等の誘因なく起こるとされており、原因が特定できないと言われています。

 

治療

じんましんの治療の第一は、できるだけ原因・悪化因子を探し、それらを取り除く、または避けるようにすることです。第二は抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬の使用です。じんましんはヒスタミンが血管及び神経に働くことで症状が出るため、ヒスタミンをの作用を抑える、これらの薬剤が有効です。

生活上の注意点

じんましんの増悪因子となりやすい疲労やストレスをできるだけためないようにする、魚介類や肉類はできるだけ新鮮なものを取る様にする、防腐剤や色素を含む食品を控えめにするなどに注意が必要とされています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME