メニュー

睫毛内反症

睫毛内反症(逆さまつげ)は幼少期から高齢者に至るまで、あらゆる年齢層で起こり得る疾患です。ただその発生機序は若年者と高齢者では異なっています。若年者の場合は、主に”皮膚のあまり”が原因とされています。また若年者の場合は上、下の両方のまぶたで発症します。一方で、高齢者の場合は、皮膚の余剰も少なからずありますが、主な原因は、瞼を形作る腱膜の緩みによりまぶたの形状を支えきれなくなり、内反してしまうとされています。高齢者はそのほとんどが下まぶたに発症します。

若年者の手術治療

若年者の上まぶたなどは、それが、皮膚余剰が要因となっているため、二重手術の項で記載した埋没法により改善する例もあります。ただ再発もあるため、切開法も選択されることが多いです。重瞼線を切開、必要な場合は皮膚とその下の眼輪筋を切除します。瞼板を露出し、睫毛が外に向く様に、瞼板、皮膚を縫合固定する方法が一般的です。

高齢者の手術治療

前述した様に、加齢による睫毛内反症(逆さまつげ)は皮膚の余剰と支持組織の緩みが原因となっており、その二つに対して、治療を行わないと、再発することが多いと言われています。睫毛の内反している2mm下の皮膚を切開します。瞼板を露出し、それに連続する腱膜組織を、瞼板から剥がし、さらに結膜側と眼窩隔膜側を剥離することで、十分引き出せることを確認します。引き出した組織を再度瞼板と縫合、さらには睫毛側皮下にに固定することで瞼が十分に外に向くことが確認できます。さらに皮膚のあまりが多い場合は、眼輪筋とともに切除し、皮膚を縫合して終了です。

手術の問題点について

埋没法は、その手技は容易である一方で、脂肪組織が多いと、再発する可能性もあるため、適応は慎重に選ぶ必要があります。ただ、切開法が全く再発がないかというとそうでもなく、程度に応じた、ある程度過矯正気味の手術が必要です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME